村上春樹 雑文集のお買い得情報

村上春樹 雑文集に関する通販商品をご紹介しています。

キーワード:



TOPページ | 前のページ | 次のページ

村上ラヂオ

価格:1,337円
 本書は、2000年3月から約1年にわたって雑誌「anan」に連載された50篇のエッセイをまとめたものだ。「パスタ」「レコード」「ロードス島」「コロッケ」「ヴァージニア・ウルフ」「ドーナッツ」そして「猫」と、目次に散りばめられたキーワードを目にするだけで、村上ファンならついニヤリとしてしまうに違いない。もちろん「焼かれたブラジャー」「柿ピー問題」「にんじんさん」「きんぴらミュージック」といった新たな話題も満載で(なぜか「すき焼き」「太巻き」「うなぎ」など和食の話題が多い)、村上エッセイの味わいが凝縮された1冊となっている。  特に印象深いのは、作家としてデビューした「群像」新人賞の授賞式の思い出「スーツの話」に始まり、チャンドラーの小説中の台詞をひきながら、村上作品の主要テーマでもある「死」について考察した「さよならを言うことは」で締めくくられている点だ。「20世紀に対して、…個人
村雨春陽雑文集@

価格:1,782円
ブナシメジからピスタチオまで…いや、坪内逍遥から酒鬼薔薇聖斗まで、村雨春陽が考えつくす一冊。 [目次] 浅薄と博識 浅薄と博識 A 日本文学における穴とは何か 3k 『絶歌』に関する文芸批評 こどもの日のかけひき 多くの人は善人、しかし感情的すぎて怖ろしい 現実と折り合いをつけるということ 思考の秩序 耳かき 豚の睾丸を持つ人 やれやれの訳語は? 宇宙の原理 ブナシメジのプライド 脅かしっこの系譜 『一つの約束』について 人生で一番驚いたこと 八升豆の未来 本屋には何故しゃっくりおじさんがいるのか? 危険物安全週間とは何か? 奇を衒う 『明暗』 缶コーヒー甘い論 未熟なマンネリ 坪内逍遥雑記1 ピスタチオの苦悩 批評と実作のギャップ 人は一か月にポテトチップス一袋分もの皮膚を撒き散らす オカルトでは片づけられない歴史 シロヤマイシアカ 詩心について 都市伝説について 雪の宿り 情熱に
村雨春陽雑文集A

価格:1,404円
夏目漱石から三崎亜紀まで、『風流夢譚』から『近代日本の批評』まで、宇宙の原理からもらいゲロまで村雨春陽が語ります。 [目次] 頑固な語り手 強行拝鬼 ニュー・ゴシックについて 蓮實重彦のユーモア 春樹・ばななブームという括りの不思議 村上春樹と核発電所 目に見えて、見えないもの 『半島を出よ』覚書@ 新しい時代の夢 読むということ 腸内細菌に支配される脳 自然権の根拠 村上主義とは何か? 牛丼を食べない人 『青豆物語あるいは悪徳の栄え』? 再び梅花力について 中巻のすきま アマゾン・レビューとは何か 『風流夢譚』は何故絶版になったのか? 村上春樹作品の残酷さ 戦前派作家・村上春樹 貨幣価値とは何か 宇宙を支配する力 とてもいい言葉ジャマイカ リアリチー・プラス・サムシングについて 茶碗論 詩心についてD 詩心についてE 詩心についてF 詩心についてG 詩心についてH 詩心についてI 詩

TOPページ | 前のページ | 次のページ